中国の三国時代

中国の三国時代とは

中国語の歴史といえば、まず浮かんでくるのが三国でしょうか。今回は三国時代について簡単にご紹介します。三国は中国の時代区分の一つであります。黄巾の乱の蜂起(184年)による漢朝の動揺から西晋による中国再統一(280年)までを指し、狭義では後漢滅亡(220年)から晋が天下を統一した280年までを指します。
229年までに魏(初代皇帝:曹丕)、蜀(蜀漢)(初代皇帝:劉備)、呉(初代皇帝:孫権)が成立し、中国内に3人の皇帝が同時に立ったこの時代のことを三国と呼ばれています。

196年、魏の基礎を作った曹操が、棗祗・韓浩らの提言を採用し、屯田制を開始していた。屯田制により曹操軍は食料に事欠かないようになったおかげで、各地の食い詰めた民衆達を大量に軍隊に集める事が出来た。

蜀漢

蜀と頭脳である諸葛亮らに蜀の法律である蜀科を制定させました。蜀科は厳しい内容ではありましたが、初期の蜀発展につながったと言われています。

孫権は貨幣を発行し、貨幣経済の充実に努めた。それが呉の発展の支えになっていました。